後からまとめて来る

こんにちは
たあぼです。

いつもありがとうございます。

私のように
いわゆる情報発信をしていると

全く見ず知らずの方から
ご相談を受ける事が多くなります。

そしてまた
発信している情報の属性上

どうしても多くなるのが
税金のお話なのですが

その様に
お問い合わせ頂く方は
特に問題ない

というか
むしろ安心しているのですが

お問い合わせやご連絡を
全く頂かない方の中には

投資で利益が出ているのに
確定申告をしていない

という方も
結構おられる様です。

で、
何か有ってから

「どうしたら良いでしょう?」

というお問い合わせが
来ることも多いです。

この
「何か有って」
というのは

ズバリ
「税務署からのお尋ね」
が来てから

という事です。

一般的に

銀行や保険会社から勧誘を受ける
世間で見かけるような
投資信託などの投資では

年末時点で締め切って
損益の報告書
みたいなのが届きますし

多くの場合が
源泉徴収されている筈なので

特に何もする必要が無い
というケースが多いです。

なので

利益が出ていようが
損失が出ていようが

「会社がしっかりやってくれてるだろう」

なんて意識が生まれがちです。

投資は自己責任

この言葉は
イヤというほど見聞きしている

その筈なのに

肝心な所で
他人任せに出来てしまう
というのが

日本人の凄いところ
かもしれませんが

本来であれば

お金のことですから
徹底的に計算して調査して

税金を支払ったとしても
一円たりとも漏らさず手元に残す

それくらいの気概が無いと
結果的には手元にお金が残らない

それくらい
お金って大事だと思いますし

その点、
某中国の友人達は
もの凄く意識が高いですし

だからこそ
今の状況が有るんだと痛感していますが

ホント
我々日本人は
肝心な所のヒモを締めきっていない

そんな方が
凄く多い気がしています。

国民のほとんどの方が
何かしらの労働対価として

給与という形式で
収入を得ていて

その際、税金は
最初から天引きされているもので

残った手取りの中から
日々の生活費を捻出する

そんな仕組みが
脈々と続けられているので

いまさら
その意識を変える
というのは難しいのかもしれませんが

国民の多くが
投資とは縁の遠い中で

何かしらの切っ掛けがあって

投資に興味を持って
こんなメルマガにお付き合い頂き

それなりに利益が出ている
という状況におられれば

この
お金の管理については

締めるところはしっかり締める

という意識に変える事を
強くオススメしますよ。

その一環が
確定申告です。

「一円でも多く手元に残す」

というお話をすると

「一円たりとも税金を取られたくない」

という意識に傾く方が多く

利益が出ているのに
「どうせバレないだろう」

という甘い考えで放置し

結果、
何年か経ってから

まとめて「お問い合わせ」
がやって来て

結局
そこそこの金額を持って行かれてしまう

そんなケースは
枚挙に暇がない、のです。

これ

脅しでも何でもなくて

実際

毎年毎年
何件も見聞きするリアルな話なんですよ。

毎年毎年
しっかり申告しておけば

手間も時間も取られないし

なんと言っても

自己責任の一環として
自分自身でしっかりと計算して
確定申告する

たったこれだけの事を
毎年しっかり行うだけで

メンタル的に詰められる
という苦労もしなくて済みますから

これをやらないのは
ギャンブル以外の何物でも無い

その様に断言できると思っています。

今のところ
確定申告は

「性善説」に基づき
取り仕切られています。

基本的に
申告している内容を信用する
というスタンスですね。

なので
ヨホド妙な事をしなければ
変な突っ込みを受ける事も希でしょう。

一度申告したら
それ以降ずっと続ける必要が有る
という面倒はありますが

それでも
何もせず放置している事の方が

後々圧倒的に
面倒な事になるリスクが有るので

20万円を超える利益が出たら
必ず申告はしてくださいね。

確定申告なんかしたら
「せっかく出た利益が消えてしまう」

という心理が働いてしまうのは
ホント痛いほど良くわかりますが

本来

稼いだお金を逃さない様に
「しっかりとワキを締める」

という意味では

「何も悪いことはしていない」
というアピールも
実際は必要だ、という事です。

そして
実際に申告してみると

意外とそんなに大きく支払う事にはならない
というケースも多い筈です。

そのカラクリについては
また明日にでもお話ししますね。

★ あとがき ★

持続化給付金の詐欺
というか不正受給が非常に多く

見えているだけでも
6000件ほど見込まれると報道が有りました。

医療や介護の関係で
日々疲弊されているだろう方々には

なかなか金銭的な支援が届かない
という状況の中

ヒマで頭の良い人からは
お金のなる木にしか見えない

という事かもしれません。

報道の中で
実際に組織的に牛耳っていた人物が

「受け取った人が黙ってれば絶対バレない」
と言い切っていたのが印象的でした。

「いや、結局バレてるやん」
ってお話ですけどね。

国家権力を舐めてると
本当に痛い目に遭うよね

というお話かな?
と思いました。

これから
世界中で国家的財政難が続きますから

権力を持っていて
お金に苦しんでいる相手に

無駄なケンカを売らない
という姿勢は
凄く大切だと思ってます。

色んな意味で
「今までとは違う世の中」が
始まっています。

それでは、またメールします。

たあぼ