石橋を叩きすぎたら渡れない

こんにちは
たあぼです

いつもありがとうございます。

The-Thirdの配信ってどんな感じ?

明後日
3月3日(日)で募集が終了する
「The-Third」ですが

http://www.infocart.jp/e/68539/138155/

基本的には
危ない時は停める
というスタイルが推奨されています。

その為に
情報配信の仕組みを使って

停めたり再稼働したり
という案内が配信される。

この様にご案内してきました。

しかしこれは
どうにもボンヤリとした
イメージでお話していますので

実際には
どういう感じで配信されるのか?

イマイチ「ピンとこない」
という方もおられるでしょう。

実際
他のシグナル配信を見聞きした事がある
という場合

「何時何分のタイミングで停める」
「その時のポジションはこう処理する」

そして
「何日何時頃から再稼働する」
「その時はこの様な設定で」

と言うような

カッチリとした配信を
期待したりイメージしたり
しておられるかもしれません。

でも実際は
こんなイメージになります。

> お世話になります。
>
> 夜から重要指標がいくつかあるので、
> 少し早いですが弊社ではシステムの停止と、
> 現時点の保有ポジションの決済をしました。
>
> とりあえず今日明日(特に明日)は重要指標が複数あるので
> 今週はこれで終わりにします。
>
> お疲れ様でした。

という感じで停止の連絡が有り

> お世話になります。
>
> 弊社では先程からシステムの稼働を始めました。
>
> 今週も宜しくお願い致します。

という感じで
再開の連絡が有る・・・

こんな流れが多いですね。

もちろん
この前後には
その根拠となる考察がしっかり入りますし

しっかり
結果も付いてきていますので

それほどおかしな事は無い
というのが私のイメージなのですが

もうちょっと具体的に教えて欲しい
というご要望も有るかもしれません。

ただ、これは
大変微妙な問題も含んでいるので

おそらく
これ以上具体的な内容で
配信される事は無いかもしれないな?

と個人的に思っています。

もともと、
リスクを最大限抑えて
石橋を叩いて渡る様なシステムであり

最近では
叩きすぎて渡らないのでは?
というケースも出てくるくらい

不安定な相場になる事も
結構有るんです。

そんな状況なので
明確でカッチリした内容を案内してしまって
悪い結果となってしまった場合

本来、自己責任である筈の投資が
「運営側の責任」と受け取られてしまう
というリスクが有るんです。

それを避けるために
この様な「ふんわり」とした
ゆるーい配信になっているのでは?

と、
私は思っています。

明後日3月3日(日)までの
期間限定です。

http://www.infocart.jp/e/68539/138155/

■☆——————————————–☆■
     ★ あとがき ★
■☆——————————————–☆■

明確で具体的な指示が欲しい!
という場合は、

証券会社や投資助言会社の門を叩く
という事が必要になります。

調べて頂いたら
大手を中心に沢山出てきますので
ご興味があれば
資料請求でもしてみられると良いと思いますが

あくまで国内で扱える有価証券や
デリバティブ商品に限られますし
海外FXの様な商品は
結局、自力でやるしかないというのが
現実なんですよね。

しかも、
私の知る限り

大手だから、とか
資格が有るから、といって

顧客が勝てるとは限らない
のが現実だと思います。

会社としての利益は
あくまでも手数料であり

顧客の勝ち負けは
ぶっちゃけどうでも良いというのが
基本的なスタイルですから

どちらかというと

我々が普段目にする様な
いわゆる「商材系」の方が

まだ、
顧客の利益を重視してくれている
比較的良心的なモノが多い

そんな気がしています。

それでは、
今日はこれで失礼します。

たあぼ