大きな利益を得る為には何かを犠牲にしないと

こんにちは
たあぼです

いつもありがとうございます。

あくまで個人的な見解ですが

何も失わずに何かを得る事は出来ない
ってお話は

実際、有ると思います。

それが
商品を買うための「対価」の様に
明確な物であるとは限らなくて

先行投資という形だったり
授業料的な出資だったり

ただ単に
損失という形だったり

それぞれ
ケースによるかと思いますが

何もしないのに
何かを得るなんて事は

よほど恵まれた
特殊な環境に居ない限り
滅多に無い事ではないでしょうか。

長年FXと付き合ってきて
つくづく感じますが

得るものが大きければ
失う物も大きい

というのが
相場の摂理なのかもしれないですね。

大きなリスクを取る代わりに
大きな利益を得る事が出来る

こんな単純な理屈で
成り立っているのかもしれません。

たとえば
昨日のお話。

こんにちは たあぼです いつもありがとうございます。 いわゆる世間では 「自動売買だけで勝てる訳が無い」 ...

これを
簡単にまとめますと

平均で毎月2.5%の利益が有れば
10年で4倍になります。

一年平均で言えば
30%です。

100万円の資金であれば
毎年平均で30万円です。

ただ、その代わり

60%以上の損失期間がある
という可能性が有ります。

一年以上、
ずっと利益が出ない
という事が想定できますね。

この
「損失を具体的に落とし込む」
という事が出来なければ

あとあと
大変な事になってしまいます。

「毎月3%では物足りない」

「ならば設定値を倍にしてみよう」

こういう事を
簡単に思いついてしまいます。

こうすると
目先では凄い利益が出てきますが

そういう時に限って
いきなり「不調期」に遭遇し

テスト段階では乗り越えられた
最大ドローダウンの額を

あっさりと超えてしまう
なんて事になりがちです。

リスク設定って
本当に大切なんですよね。

でもこれは

自分でも色々とやってみないと
正直わからないものです。

人から言われたり
ブログやメルマガなどで
色んな書き込みを見たとしても

どうにも実感が沸かない物です。

やっぱり
何と言っても

自分で手を動かして
自分で体験してみないと分からない

という事は
世の中いっぱいありますよね?

子供の頃
自転車に乗っている人を見て
簡単に乗れそうに思っていても

実際に乗ってみると
何故かコケてばかり・・・

という事と同じだと思うんですよ。

せっかく
「バックテスト」という
シミュレーション機能が付いているのに

せっかく
「デモ口座」という
無料体験の仕組みが有るのに

色々と試行錯誤して学んでいく

という事をしないのは
本当に勿体ないと思います。

それでは、
今日はこれで失礼します。

たあぼ