簡単に何倍にもなる?

FXに興味を持たれる方の大半が

「あっという間に何倍にもなる」

という
信じられない結果を見せられた
という経験をお持ちの様です。

実はこれまでに、
私が実例を示して

短期間で何倍にもなるものは
短期間で吹き飛んでしまう

という事を
何度も何度もお伝えしてきました。

昨年の末頃から
いくつかそういったEAを
ご案内もして参りましたが

良い時には良いが
悪い時には一気に吹き飛ぶ。

これこそが
FXの特徴と言えます。

これを
「醍醐味」
と言ってしまうのか

それとも
「危険」
と言ってしまうのか?

このあたりの
リスクとリターンのバランス
というのが大変重要なわけです。

1ヶ月平均で5%

というテスト結果の出たEAを

10倍のロット設定で動かすと
1ヶ月平均で50%になります。

その代わり、
バックテスト結果で
最大ドローダウンが30%
などになっていたら

それも10倍になってしまい、

「一気に300%のマイナス」

なんてことにもなる
可能性が生まれてきます。

これは、
逆のことも言える訳で

一年で40%の利益が出る、
というテスト結果が有るソフトをロット半分で使うと

リスクも半分になる計算なので
より安心して使う事が出来そうです。

なので普通は
こちらを選択するのがベストでしょう。

しかし、
人間というのは欲深いもので

一年間で「たったの20%」
しか利益が見込めない
FXの自動売買ソフトには

なかなか注目が集まりません。

そう思いませんか?

もちろん、
私もそんな人でした。

ですが実際問題として

金融機関に預けていても
一年で0.03%さえ難しい訳で。

それから考えれば
一年で1%でも凄いのですが

どういうわけか
FXの世界では
1~2桁少ないと受け取られます。

悲しいですよね。

そしてまた、
毎月平均的に利益を出そうと思うと

まともな方法では
なかなか上手く行きません。

単純に言うと
負けを勝ちに替える戦術、

つまり
ナンピンする様なEAで無ければ

機械的に、
毎月平均的に利益を出す
という事は大変難しいです。

そのメリットを享受する代わりに
含み損を抱え続ける、
というデメリットを抱える訳です。

このデメリットが
最終的に、運用者に牙をむき、
一気に食い殺されてしまう・・・

というのが
リスクを抱えすぎる運用の結末です。

本来であれば

都度、損失を受け入れつつ、
長期的に利益を残す、
というのが正攻法です。

そんなことを知っているのなら・・・

ここまでの流れで

ならば、

そんなことを
分かっているなら、

どうして
そういう感じの

よりリスクの低い
安定したFX自動売買ソフトを
もっともっと啓蒙しないのか?

その様に感じられたかもしれません。

実はもう、長いこと、
そんなことをやってたんですけどね・・・

例えば、
このブログに記事を残している

Beatrice-ADX01
Ririy&Racco’s Hippo
なんかは

長期的に見て利益が出る
その可能性が大変高いEAです。

目先で多少凹んでいても
それは相場が合わないだけで

いずれ得意な場面が来たら
思う存分、威力を発揮してくれます。

そんなことは
バックテストを見ると
スグに分かります。

凹んでいる不調な期間は
確実に存在するわけですから。

そんな不調時に
運用者側が耐えられないだけ、
って事ですね。

なので、
ポートフォリオの考え方
というのが重要になるわけです。

ずっと調子の良いもの
なんていうのは存在しない

という事を前提に

調子の悪い時期を
なんとか補い合えないか?

という仕組みですね。

以前、
無料オファーの時点から
何度かご紹介していました

「自動売買ソフトを教える講座」
という奴でも
それが主とした内容となっていました。

無料動画のキャンペーンというと
やたらと眉唾物と言われますが

これに関しては、

受講された方は
実例を活かして、
十分活用しておられる事と思います。

いずれまた、
再度募集がある様な時には
改めてご案内しようと思っています。

私自身もそうですが

耳に痛い事を言う奴
核心を突く嫌なことを言う奴

というのは
正直ウザいです。

ですが、

ほとんどの人間が
自分の経験からしか学べない中で

少しでも、
自分の体験が役に立てば、
と思ってる人の声には
耳を傾けてみようと思う様になりました。

世の中で詐欺が無くならないのは

自分だけは大丈夫、
という根拠の無い自信が原因

他人が面白いほど引っかかっている
その手口も結末も
みんなが知っているのに無くならない

その理由は
意外とシンプルなところに有る様です。

根拠の無い自信と言えば

当たる!と思って宝くじを買うのと
基本的に同じですね。

※この記事はメルマガの再掲載です。

まだお読みで無い方はこちらからどうぞ♪

mailmag