負けても取り戻せるかどうか?

こんにちは
たあぼです

いつもありがとうございます。

EAの成績を一覧で見てみましょう

先日ご案内したこちらの記事は
既に目を通して頂きましたか?

FXに興味を持って、 自動売買というものを知り、 その広告などを見てしまうと 「本当にこんなに勝てるのか?」 と疑問に思う方...

いつか記事にしよう、
と思っていながら

なんやかんやで
等閑になってしまっていたEA達を
一挙に公開した訳ですが

これを見て頂いてから
個別に私なりの解説を入れていこうと
ずっと思っていました。

本来で有れば、

日々の動きなども
しっかり見た方が良いのですが

このグラフを見ているだけでも
分かる事が多いんですよ。

例えば、
『ブレイクスキャルシステム』

https://www.myfxbook.com/members/fxturbo/breakscalsystem/1620738

3月10日から4月27日まで
じりじりと苦戦していましたが、

翌・28日から回復基調となり
今は最高益を更新し続けています。

FXですから、
時々負けるのは当たり前。

要は、
それを取り返せるかどうか?
が重要なんですよ。

ドル円とユーロドルの
2通貨ペアですから、

今年に入ってから荒れているのは
ご存じの通りです。

テクニカルというよりも
ニュースに振り回されている印象ですが

そんな環境にも関わらず、
毎月プラス決済となっています。

むしろ、
ブレイクを狙うEAとしては

多少荒れた方が
逆に美味しいのかも知れないですね。

現在のレートよりも
少し遠いところに逆指し値を置き、

引っかかったら欲張らず利益を確保する、
という仕組みですので

変なポジションを持ちにくい、
という堅実な印象を持っています。

ポジション取りは、
昨日お話しした、
『ニュートンFX』に似ていますね。

しかも、

スキャルシステム、
の名前通り、
ポジション保有時間は短くて、

平均でも8時間以内に
決済が終わっていますので

保有中の含み損に苦しむ、
なんてことになりにくいです。

また
スキャルロジックと言えば

複数ポジションを持ってしまう、
というタイプが多いのですが

このEAは、

各通貨ペアに
最大2つずつしか保有しませんので

国内の業者でも、
十分、使用出来るのも嬉しいところです。

スキャルロジックなので
スプレッドの狭い環境を必要としますが

国内なら、
オアンダか外為ファイネストが良いでしょうね。

NDD業者かつ低スプレッドの 外為ファイネストが 新規口座開設キャンペーンとして トレードアシストEAの無料プレゼント企画...

そして、一番見て頂きたいのが
ドローダウンの小ささです。

バックテストでも
100万円に対して16,147円ですから

いきなり発生したとしても
わずか「1.6%」です。

連発して2倍になっても
3.2%ですよ。

仮に、海外業者などの
ハイレバレッジで運用するなら、

10万円で運用していたとしても
16%、(2倍で32%)という事ですから、

責めた運用にも耐えられる、
という方には強力な武器になるでしょうね。

私のフォワード結果でも

本日までのドローダウンが
「1.21%」

そして本日での収益が
「+4.03%」
となってますから

レバレッジを
今よりも10倍に出来るなら

最大ドローダウンも
収益も10倍になる、
という計算です。

fx-onの中では
比較的「売れてない」方、
かも知れないですけど

今、他のEAに比べても
かなりお安いですし、

もっと人気が出ても良い気がしています。

https://www.gogojungle.co.jp/systemtrade/fx/6587

「穴」ですね(^_^)

あとがき

週末から一週間ほど
国内と海外を出張で行き来する事になりました。

その間、
全くメールをお届けできないかも知れませんが

もしも、
ご無沙汰になっても

忘れないで居て下さいね(^^ゞ

それでは、
今日はこれで失礼します。

たあぼ