2014年8月度、FX自動売買ソフト獲得収益率ランキング

FX自動売買ソフトの実績
2014年8月末時点で検証を公開しているFX自動売買ソフトの実績集計です。

『オススメランキング』ではありませんのでご注意下さい。

今日もお越し頂きまして誠にありがとうございます。

2014年8月度、FX自動売買ソフト獲得収益率ランキング

順位 FX自動売買ソフト名 獲得金額 月利
1位 BandCross3 EURUSD 24,781 12.39%
2位 Forex White Bear V1 EX 11,830 5.92%
3位 Forex White Bear v3 60.20 3.01%
4位 Forex White Bear V1 45.40 2.27%
5位 ひかえめビーナス 20,341 2.03%
6位 Intelligent MultiTrader 100.40 1.34%
7位 W2C-Clipper(クリッパー) 111.02 0.56%
8位 Socrates ZRAJPY 159 0.16%
9位 Fukurou V2.5 GBPUSD -2667 -1.33%
10位 Intelligent EdgeTrader -4586 -1.53%
11位 EasySwing Ver1.01 -64,668 -6.47%
12位 W2C-Matthew(マシュー) -101,500 -10.15%
13位 Tomo_BigBreak2 -216.10 -10.81%
14位 W2C-Dixie(ディキシー) -144,400 -14.44%
15位 masa-yumeスペシャル -4213.39 -140.45%

※獲得金額の単位は基本的にドル表記。斜体・緑色になっているのは円表記です。

今年の8月は
本当に苦しかった1ヶ月として
強く記憶にとどめておかなければ・・・

そう思ってしまうほど
厳しい結果が多かったです。

激しいナンピンの
masa-yumeSPや、
小幅のレンジに弱いマシュー兄弟など

ホント良い様に振り回され
持って行かれてしまいました。

出番の少なかった
逆張りスキャルEAが

その出番の少なさ故に勝ち残った
という印象です。

その中でも
スイングトレードの『ひかえめビーナス』が
負けと勝ちを繰り返しながら
最終的には利益になっていた
というのが立派ですね。

あとは、
『Intelligent MultiTrader』が

途中で何度も損切りを喰らいながら
月初の利益を守り抜いたのも
特筆に値すると思います。

これは
テクニカルでは無い
ファンダメンタルで大きく動く相場だった
と言うのも理由の一つですが

ここ数ヶ月
あまりに動かない相場が続いていたため

一気に動き出す転換点では
こういう事が起こりがちなのですが

それにしても
負けが大きいEAが目立ちます。

ただ、
これも相場です。

月単位で負けることも
当然有り得ます。

バックテストでは
そういう事も十分確認出来ます。

なので
こういう事で一喜一憂するということは
EAを使う上で決してプラスになりません。

なぜなら
最初から分かっていたツライ局面が
目の前に訪れただけなのですから。

誰でも当たり前に
目の前で損失が出るのは悲しい事ですが

バックテストで
勝率100%では無いと分かっていて

どう考えても
勝ち続ける事が不可能で有る以上、

最初から
「こういう事が起こる」
と言う事をちゃんと想定して
付き合っていく必要が有ります。

いくら分かっていても
目の前で起こらないと分からない
というのが人間の性なので

個人的には当然悲しいですが
これも一つの「見本」というか

「こういう事も有るんですよ」
という教訓として

公開して残しておく使命
みたいなものを感じておりますので
是非ご参考にされて下さいね。

今日も最後までお付き合い頂きまして
誠に有り難うございましたm(__)m