Marmot V1 USDJPYのレビュー(バージョンの違いについて)

Marmot V1 USDJPY『WhiteBear』
作者ラッコさんが作成したスイングEAで、
組み合わせてトータルで利益が出れば良いかな?
と考えて導入している、

Marmot V1 USDJPYのレビューです。

今日もお越し頂きまして有り難うございます。

Marmot V1 USDJPYの特徴

『Marmot V1』は、
ドル円1時間足にセットして使う
トレンドフォロータイプのEAです。

元々、
『WhiteBear』が逆張りのスキャルピングEAなので
補い合う目的で使う事を想定しているとのこと。

勝率を上げることでは無く、
むしろ高い勝率よりも
なるべく負けを小さくして1回の勝ちを大きく伸ばして利益を残す、
という損小利大の仕組みですね。

こんな感じでキレイにトレンドを追いかけてくれる事が多いです。
 ↓
Marmot V1 USDJPY

勝率は5割を切ってますので
当然、負ける時は負けるのですが

『WhiteBear』と同様、
フルで損切りに掛かる事は珍しく、
こんな感じで上手くキズを浅く負けてくれる事が多いです。
 ↓
Marmot V1 USDJPYの実績

最大ポジションも1つが標準(増やす事も可能)なので
国内の業者でもバッチリ使えますし、

最大ドローダウンも1万ドルに対して500ドル程度なので
さほど大きな資金を必要としないと言うのもメリットですね。

2015年1月13日現在、
2014年11月からの実稼働テストでも
ちょうど円安の大きな流れに乗ることが出来てます。

2014年 獲得利益 獲得pips
11月 +36,640円 +366.4pips
12月 -3,450円 -34.5pips
2014年計 +33,190円 +331.9pips
2015年 獲得利益 獲得pips
1月 +5,280円 +52.8pips
2015年計 +5,280円 +52.8pips
累計 +38,470円 +384.7pips

バックテストの結果でも、
1ヶ月あたり、多い時で300ドル位の利益は出てましたので
概ね同じ様な推移になってるのでは無いかな?と感じています。

⇒『Marmot V1 USDJPY』のバックテスト。

バージョンの違いについて

私が購入してから数ヶ月でバージョンアップが何度か有った様です。

見落としていたものが多かったのですが
直近だけですと以下の2回です。

2014/12/01(V1.13)
【更新内容】
______________________

1.金曜日フィルター処理の変更
______________________

2015/01/05(V1.14)
【更新内容】
______________________

1.カウントダウン方式の廃止
2.GMTオフセット値の自動設定
______________________

特に中のロジックを変更した訳では無さそうですが
同じ環境、同じデータでテストしてみると結果が大きく違います。

【V1.13】
総損益:$6778.22
プロフィットファクター:1.62
最大ドローダウン:$488.35 (3.28%)
総取引数:894
勝率 :47.65%

⇒【V1.13】のバックテスト詳細

【V1.14】
総損益:$4928.91
プロフィットファクター:1.62
最大ドローダウン:$696.43 (4.90%)
総取引数:902
勝率 :45.79%

⇒【V1.14】のバックテスト詳細

テスト環境は、
資金:$10,000、アルパリジャパン、スプレッド0.8pips
で共通です。

V1.14では、
この赤丸あたりの損益曲線が少しなだらかになりますね。
 ↓
V113

その代わり、
収益がかなり落ちる印象です。

【V1.13】:$6778.22 ⇒【V1.14】:$4928.91

勝率も47.65% ⇒45.79%に落ちますし、
最大ドローダウンも$488.35 ⇒$696.43に悪化します。

日別の細かい所では、
ポジション取りも違ってくると思います。

この辺りの誤差が出る事については
全体的なトレード回数が少ない事による統計上の問題かもしれません。

あくまでテストの結果ではありますが
気になる部分でも有りますね。

私は当面、V1.13を使っていこうと思っています。

Marmot V1のロット設定について

上記の通り、
・ポジションは最大で1つ
・最大ドローダウンは500ドル未満
という事から計算しても、

国内業者にもしっかり対応している上、
相当、思い切った運用が可能なEAだと考えています。

具体的には、
ユーロドルの1万通貨(0.1ロット)の必要証拠金が
1.20×10000÷25×120=57600円の時
※ユーロドル1.20、ドル円120円として計算。

最大ドローダウンが5万円と考えても
57600円+50000円=約11万円

証拠金維持率100%で強制ロスカットが掛かっては大変ですので
余裕を持って余剰金を足した15万円でも運用出来ると考えています。

なので、検証の公開では更に余裕を持って
20万円:0.1ロットで運用しています。

もちろん、
ロット設定、つまりリスク管理は
各個人の判断で行う必要が有ります。

上記設定では
最大ドローダウンが来た時に
資金の1/4が消えることになりますので

資金を増やすかロットを小さくして運用すると
よりリスクが下がり、損失が抑えられるという事も
しっかり理解して運用して下さいm(__)m

Marmot V1 USDJPYについてはこちら。

移動平均クロス+トレンドフィルターで低ドローダウンの順張りEA誕生
Marmot V1 USDJPY
Marmot V1 USDJPY | fx-on.com

誤解の無い様に・・・

この記事は、
欠点をあげつらってお話ししている訳ではありません。

バージョンによって異なる事が有る
という事をお知らせしたかったのと

バックテストでのトレード回数が少ない場合
ちょっとした事が結果に影響してしまう、
そんな可能性についてのお話しです。

実運用で様子を見ている限り、
エントリーも決済も利の伸ばし方も上手だと思いますし

ポジション保有期間も短めで
何と言っても「1個」しか持ちませんので

メインで使うというよりは
やはり『WhiteBear』などのスキャルEAとの併用が目的
だと考えた方が良いだろう、と感じています。

今日も最後までおつきあい頂きまして
誠にありがとうございましたm(__)m