DolphinM(Dolphin_TypeM)のレビューと詳細

iru-ca_logo
DolphinM(Dolphin_TypeM)は、
元々IRU-CAサービス用のEAとして作成された物です。

私が今年の頭から検証していたのは
比較的早い段階で決済を入れて行く「TypeR」という物でしたが

昨今の揉み合い相場には全く歯が立たず
フルの損切りを一ヶ月に何回も繰り返してしまっていました。

その状況を反映して作成されたのが
新たなバージョン「Type-M」です。

こちらは順調に好成績を出しています。

Dolphin_TypeMの基本的な考え方

Dolphin_TypeMは、
これまでと同様、SCSEAのロジックで動作しています。

⇒SCSEAについてはこちらをご参照下さい。

要は、上か下へ大きく動けば勝ち、という仕組みです。

苦手なのはレンジ相場ですね。

キモとなるのは、

・何回売り買いのポジションを持つか?

・どれ位ブレイクしたら決済するか?

という設定値です。

当初のSCSEAでは、
最大ドローダウンが20万円の設定でしたが

今回のType-Mでは
最大ドローダウンが4万円の設定となっています。

私の考え方だと
損失を受け入れて、それを上回る利益を獲得し
差し引きで利益を積み上げる

というのがFXだと思っておりますが

販売者さんの価値観で

少額資金を短い期間で大きくしたい
というニーズに特化してあります。

つまり、
4万円を1年で数倍にしませんか?
という提案商品と言えると思います。

もちろん、
必ずその通りにする必要は有りません。

例えば
100万円資金で最大ドローダウン4%として
長期的に使うことも可能です。

あくまで考え方の1つとして

4万円を無くしても構わないという人に

その資金を短期間で倍以上にしませんか?
という意味合いです

調整は勿論可能

その4万円の価値は人によって違うでしょうから
最大で20万円までロット設定は対応しています。

20万円が無くなっても良いお金と考えられる人には
ロットを5倍にする事で対応出来る様になっています。

また、
資金が増える度にロットを倍にしていく
複利的な使い方も出来ると言う事ですね。

ちなみに、

以前のType-R
2万円が最大ドローダウンと設定されていました。

ですが残念ながら現在の所
相場に合わず2万円の損失を垂れ流す結果になっています。

この結果を踏まえて、
よりエントリーの精度を向上し、
安定感が増しているのがType-Mと言う事ですね

Dolphin_TypeMの苦手な局面

このEAが苦手とするのは
100pips程度の幅で推移するレンジ相場です。

なるべく大きくブレイクする通貨ペアや相場が必要です。

Dolphin_TypeMの得意な局面

逆に得意なのは、
急落・急騰相場です。

DolphinM(Dolphin_TypeM)は
推奨通貨ペアとしてゴールド系を挙げています。

ゴールドと言えば
2013年4月に400ドルの急落を演じていますが
 ↓
XAUUSD_201304
※XAUUSD

むしろ、こういう状況の方が得意で
その前後の揉み合いが苦手という感じですね。
 ↓
songiri

2013年4月~6月のバックテストで損切りとなっている部分です。
 ↓
StrategyTester201304-201306

あまり動かない通貨ペアでは
使わない方が良いでしょうね。

Dolphin_TypeMの魅力・向いている方

4万円(或いは最大20万円)という資金を
最悪無くなっても構わないから投資して、
いきなり損切りを喰らわず順調に行けば
1年で数倍になる可能性が有ります。

『少額から大きく出来る可能性がある』
のがFXだと感じておられる方には、大きな武器となるでしょう。

極端な話、
最初の資金が倍になった時点で元本を抜き、
利益だけを運用していけば、リスクは限りなくゼロですね。

つまり、

本当に無くなっても良いお金を
最大ドローダウン100%のフルレバレッジで行く
か?

大きな資金で最大ドローダウン4万円のEAとして
長く付き合う
か?

この二択になると思いますね(^_^)

Dolphin_TypeMの弱点・向いていない方

相場が思う様に動かず、
長期的にレンジ相場が続いた場合、

運用していきなり、
4万円規模の損切りを喰らってしまう可能性があります。

しかも連続で・・・(T_T)

いくら可能性があっても、
リスクを4万円に限定したと言っても
何回も続いたら耐えられない、
と言う方は手を出さない方が良いでしょうね(^^ゞ

Dolphin_TypeMのまとめ

・4万円を目一杯のリスクとするなら短期間で数倍に出来るかも。

・まず最初に倍になったら元本を抜けば比較的安全。

・長期バックテストでは年に数回の損切りが有りました。

・本来、月額1万円のサービスで提供されるEAが買い切りで手に入る。

・しかも口座フリーなので複数業者/口座で運用も可能。

・海外業者(Pepperstone)での運用を想定しています。

DolphinTypeMについてはこちら

iru-ca_logo

2014年6月25日までの期間限定販売でした。

Dolphin_TypeMのバックテスト

最後に2010年からのバックテストを掲載しておきます。
 ↓
StrategyTester2010-20140610

これは単利です。
資金が倍になる度にロットも倍にしていけば
凄い事になりそうですね(^^ゞ

なお、右肩上がりのグラフの中で
時々ぴょこんと跳ね上がってるのは

売り買い複数のポジションを
一気に決済するため起こる現象です。

また、所々ガクッと下がっているのが
最大ドローダウンである4万円までの損切りが入っている所です。

損切りの頻度は年に数回は有る感じですね。

DolphinTypeMについてはこちら

iru-ca_logo

2014年6月25日までの期間限定販売でした。

公式フォワードはこちら。
 ↓

今日も最後までおつきあい頂きまして
誠にありがとうございましたm(__)m