スイス中銀がスイスフランの対ユーロ1.20上限を廃止しました。

swiss2015年1月15日(木)、日本時間夕方、
2011年9月から続いていた「ユーロペッグ」が終了するという発表が有りました。

とても大きな節目の出来事なので、
記録に残そうと思って記事にしています。

今日もお越し頂きまして有り難うございます。

ついに底が抜けました。

天井を突き抜けた、
と言う方が正確なんでしょうか?

スイスフランが2011年9月から続けていた
1ユーロ:1.20スイスフランを保つ無制限介入
ついに終了する、と発表したので

昨日のEURCHFは、
チャート上、1.20のラインを大きく下抜けてしまいました。

世界中でストップロスも巻き込んだのでしょうか
レートが飛んで一気に下落しました。

昨年秋頃から、
こういう事が予想されていたのですが、
実際に起こると大変混乱したみたいですね。

業者によってレートが随分と違います。
【アルパリジャパン】
EURCHF_20150115_AlpariJP

【AVAトレードジャパン】
EURCHF_20150115_AVAトレードジャパン

【BigBoss】
EURCHF_20150115_BigBoss

【FXCMジャパン】
EURCHF_20150115_FXCMジャパン

【FXDD】
EURCHF_20150115_FXDD

この様に、EURCHFについては
ユーロ売り、スイスフラン買い
が進んだと言う事で、
 ↓
EURCHF_20150115

ドルに対してもユーロが売られ
EURUSDも大きく下落、
 ↓
EURUSD_20150115

スイスフランと並ぶ安全通貨の円も
買われることになって
USDJPYも下落、
 ↓
USDJPY_20150115

USDCHFでは
ドル売り、スイスフラン買いとなり
大きく下落しました。
 ↓
USDCHF_20150115

ちなみにCHFJPYはこんな感じ。
 ↓
CHFJPY_20150115

特にCHFの付いた通貨ペアは
軒並みスプレッド拡大を伴う荒れた展開となったため
取引できない状態が続いていた模様です。

今朝になって復活している感じですが
スプレッドは50pipsとかに大きく広がってる事も有ったので

マトモにトレード出来る状況では無いでしょうね。

発表直後、
BigBossからは、

> ボラティリティ、スプレッドが拡大しております。
> それに伴い一時的に取引に制限をかけております

という連絡が早々に来ていましたが

あまりに荒れていたため
結果として取引を停めていた
という業者も多かったでしょうね。

いずれにしても、
昨年秋頃からでしょうか?

「そろそろお手上げになるんじゃ無い?」
という話は出ておりましたし、

日経新聞などにも、
「1.20に張り付いてる」状況が報じられてましたし

いずれこういう事は起こる、
という予測は出来ましたので、
メルマガでは何度もご案内をしておりました。

私も、現時点では
CHFを使うEAはほとんど使っておりませんので、
今回の件で特に大きく損失を被ったという事が無かったのが
とりあえずは救いとなっています。

ただ、
これを対岸の火事として済ませるには
ちょっと重いニュースだと感じています。

詳しいことはメルマガでお話ししていますが

我らがニッポンも
人ごとではありません。

「物価目標2%を達成するまではできる事は何でもやる」
とおっしゃってますが

今回の様に
無期限にも期限があり

無制限にも制限がある
と言う事が明らかですし

いつ何が起こるか分かりません。

過信は禁物ですね。

リスクを制限したトレードというのを
心がけていきたいと強く思う一件でした。

今日も最後までおつきあい頂きまして
誠にありがとうございましたm(__)m