adsbygoogle

W2C-Dixie(ディキシー)のレビュー

Dixie_logo

ウインスクウェアクラブから
W2C-Matthew(マシュー)の兄弟分EAが新登場しました。

以下、詳細とレビューを記載しています。

その前にこちらをどうぞ♪
 ↓

W2C-Dixie(ディキシー)の詳細

W2C-Dixie(ディキシー)は、先に発売された「マシュー」と同じく、
1回のエントリーに対して1回の決済があるというEAです。

⇒W2C-Matthew(マシュー)についてはこちら。

いわゆる「普通の」トレードをするタイプです。

ナンピンしないって事ですね。

勝率は決して高くない(40~50%)が
損小利大により、長期的に利益を残す、
という考えも同じです。

両者は基本的に同じロジックで
一部パラメーター変更版という位置づけですが、動きは少し違います。

なので、

どっちかを使うと言うよりは
両方を併用して使うことでより平準化された損益曲線を描く
と言う事を目指してあります。

勿論、
W2C-Matthew(マシュー)同様、

低いレバレッジでの運用を想定してあるので
国内業者での運用にも十分対応しています(^_^)V

※推奨はこちら
 ↓

両者の違いについて

両者の違いについて具体的に直近の例を出しますと

W2C-Matthew(マシュー)では
割と利益確定を引っ張る傾向にありますが、

Dixieでは早めに決済して次へ行く傾向にあります。

【W2C-Matthew】
 ↓
Matthew_p

【W2C-Dixie】
 ↓
Dixie_p

なので、
上記例のような振れ幅の大きな相場だと
グッと上昇した時に買いポジションを決済し、
そこでドテンで売りポジションを保有し引っ張る

と言う事がマシューには多いです。

一方で、
損益の振れ幅が大きくなる傾向にあるので
逆にマイルドに仕上げているのがDixie
と言う事が言えます。

どちらが優れているか?と言う問題では無くて
ただ単に違うという事なので

リスク分散という意味合いでも
両者を併用するのは効果が有ると思います。

私がフォワードテストを始めている14年1月からのバックテストを見ると
マシューの方が回復力が大きいので、若干成績は良い様です。

【2014年・W2C-Matthew】
 ↓
Matthew_XM_2014

【2014年・W2C-Dixie】
 ↓
Dixie_XM_2014

なお、どっちも現時点では苦戦中ですが、
長い目で見てプラスにするというのが目標のEAなので
日別、月別でのマイナスも有り得る、という前提です。

ただし、後述のバックテストでは
年間単位でのマイナスというのはDixie(ディキシー)には存在しません。

つまり
長期間で見た利益はW2C-Matthewの方が上ですが、
そちらにある2011年のマイナスになる部分、
これを潰したのがW2C-Dixie
という事ですね。

【2011年・W2C-Matthew】
 ↓
2011

【2011年・W2C-Dixie】
 ↓
StrategyTester_Dixi101_2011

長期バックテストについて

2008年~2015年6月のバックテストはこちらです。
 ↓
W2C-Dixie_2008-201506_02Lot
※0.2ロット運用。

各年度ごとの詳細なバックテストはこちら

W2C-Dixie(ディキシー)についてはこちら。

⇒W2C-Dixieご案内資料


⇒インフォカート決済

⇒インフォトップ決済

⇒fx-on決済

バックテストと現実との乖離について

余談ですが・・・

バックテストが凄く良いのに実際の結果が悪い。
って言うEAは沢山有りますが、

マシューについては
一時間足の終値での売買判定ということもあり、

同期間のバックテストと実際の結果が
ほぼ同じ結果になっています。

 ↓
http://w2c.seesaa.net/article/396300260.html

これはつまり、

バックテストの結果を今後の成績として想定しても
あまり裏切られにくい、
という事を示しています。

ほとんどのEAで
バックテストと実際の結果に差が大きいのは、

エントリーや決済に
リアルタイム判定(終値確定前の動いているインジケーター使用)
を使用しているから、という理由が大きい様です。

ゆったりとしたトレードで、
終値確定での判定と言う事が
バックテストの精度を結果的に高めている
と言う事ですね。

従いまして、
このW2C-Dixie(ディキシー)、勿論マシューも含めて

「良いEAかどうか」という判定は

バックテストの結果を基にして判断して良い
と言えると思います。

W2C-Dixie(ディキシー)についてはこちら。

⇒W2C-Dixieご案内資料

Dixie_b

⇒インフォカート決済

⇒インフォトップ決済

⇒fx-on決済

フォワードテスト

フォワードテストはこちらです。
【公式フォワード】

【たあぼ・デモ口座】2014年5月7日~XM.com 1万ドル:0.5ロット

mailmag

サブコンテンツ

このページの先頭へ