adsbygoogle

長文注意・EAを擬人化しないで!

ちょっと前の事ですが
こんな記事を読みました。
 ↓
http://fx-on.com/navi/detail/?id=1536&na=2

この記事に関しては
言いたいことがヤマホドあるのですが

とりあえず
まずは一つだけ挙げると

「本気を出した」

って奴です。

EAに本気も手抜きも無いです。

素人が書いた記事ならともかく
1000個を超す大量のEAを提供している
いわばブローカーの立場にある会社が

こんなエエ加減な事を買いて煽って良いのか?
と思いましてね・・・

確かに、
この三ヶ月間は
本当に調子が良かったです。

当たり前ですが
私の所でも1000pips超えてます。

1000pipsと言えば
0.1ロットで10万円を超える利益
って事です。

昨年12月からと考えると
更に凄い事になっています。
 ↓

私は、このEAの事を
結構気に入ってまして

バージョンアップした一年ほど前に
こんな記事を書いています。
 ↓

Ririy&Racco’s HippoがV2にバージョンアップしました。

この頃には手に入れていて
実際に使っている方は

4月から9月くらいまで
停滞する期間が長かったですけど

そこを辛抱して使い続けていれば
ホントに良い思いをされたと思います。

これで、
「このEA凄い!」って話になって

勝ってますよ!
儲かってますよ!

と煽ると
結構売れるから困ったモンです。

これ、残念ながら

「勝っていると売れる」訳ですが
勝てていない内は売れないんです。

当たり前かもしれませんけど。

だけど、

確率で動く
FX自動売買ソフト「EA」と言う奴は

勝つ時も有れば
負ける時も有って、

長期的に凹凸を繰り返して
最終的に右肩上がりになっていく、
という事を目指して作られるものです。

なので、

大きく勝っているからといって
その勢いがそのまま続く、
という訳では無いんですよね。

冷静に、客観的に見ると

このEAを使っていて
得した人に比べると

何もしていなかった人は
実際には損も得もしていないのですが

目の前の利益を得ていないと
損をした気分になる、
というのが人間心理というものです。

高速道路を走っていて

併走している車が前に割り込んで来ると
「後退してしまった気がする」
というのに似ています。

車1台分、損をした気になる
という感じでしょうか。

実際には、
前に進んでいる訳ですから
損も得もしてないのです。

だけど、

車1台分損をしたと感じると
無理をして追い越しを掛けてしまう、

あるいはずっと損をした気持ちで
その後の1日を過ごしてしまいがちです。

実際
これが人気ラーメン店の行列などの場合

まさにその
「割り込んだ一人分」が原因で

ちょうど自分の目の前で
「本日分は売り切れ」

となってしまったら
思い切り損をした気分になる訳ですが

これは、
割り込みがあろうが無かろうが
確率の問題で起こることですよね。

自分とは違うルートで
もう一人、別の先着が居れば
同じ事が起こるわけです。

こういう場合、
言いようのない喪失感は拭えないですけど

過ぎてしまった時間は戻らないし
先客が食べたラーメンを吐き出せ
という訳にも行きません。

他人が得た利益を自分も得る筈だった、
と考えるのではなくて

他人でも得られた利益を
自分も得られる確率を上げる
という考えにシフトした方が良さそうです。

ラーメン店の例であれば
今回は情報調査の時間と割り切り

次回からは
より確実に食べられる様に

前回よりもゆとりを持って出発する、
という感じでしょうか。

更に
同様に考える人物も他に居る
という変数も加えて

もう一回り早く出る、
比較的すいている曜日を探る
などの工夫もあると良いかもしれないです。

目先の利益に飛び乗れなかった事を
悔いても仕方ないんですよね。

何の話か分からなくなってきましたが

こと、
EAでの投資に関して言えば

長期的なバックテストで結果を確認し
長期的な視点で動かしましょう
というお話です。

『Hippo』は
勝率70%のEAなので、

短期的に
勝率100%で推移する期間があるのも
いわば当然のお話なのです。

バックテストで言えば

右肩上がりになっている
ほんの一部分を取り出して

「このEAはこんなに凄い!」
と言うのと同じなのです。

その前後には
停滞したり連敗したりする事も
当然あるわけなのに。

にもかかわらず
「今、調子良いですよ!」
ってのを

「本気出した」
ってアピールするというのは
おかしな話なんですよね。

如何に人間は
目先の利益に浅ましいか
という事が

中立的な視線で捉えると
見えてきますよね。

目先の利益でしか判断出来ない癖に
バックテストだけは長期間を見る

これって、
実は矛盾してるって事なんです。

その長期間のテストの中には

凄く良い時期
凄く悪い時期

てのが混在しているのです。

今回みたいに
3ヶ月以上、
快調に飛ばす期間がある代わりに

昨年中盤みたいに
鳴かず飛ばずの期間も
当たり前に有るわけです。

しかもそれが
今日から始まるかもしれないのです。

長期的に利益を上げようと思えば

ある程度の期間、
損失が続くことを覚悟する必要が有ります。

『Hippo』の場合だと
一年近く停滞している時期というのが
普通に起こり得ます。

でも、
今年に入ってからの様に、

向いている相場では
一気に利益を積み上げます。

で、またしばらくは
オトナしくなる時期が訪れる・・・
という、ある種のサイクルが有ります。

こんなことは

ある程度の期間、
EAで自動売買をしていれば
なんとなく分かる事なのですが

夢と希望に胸を膨らませる
初心者にとっては
大変難しいことかと思います。

だからこそ、

初心者向けに見える大手サイトが
こんな記事を書いてもらったら困るなぁ・・・
というのが正直な所なんですよね。

ちなみに、
私が『Hippo』を優秀だ!と言うのは、

相場に合わない時であっても
「停滞」しているだけで

「減少」をほとんど見せない
という事なんですよね。

長期的には
やはり右肩上がりで利益を出しています。

調子の悪い時にも踏ん張って
あまり資金を減らさないで居てくれさえすれば

調子の良い時に利益を積み上げてくれるのを
長い目で見守っていれば良いという事です。

本来、投資というのは
こういう感じのものなのでは無いか
とも思ってるのですよ。

この『Hippo』については

長期的にはシッカリ利益が出て
安定して使える優秀なEAだと思っていますので

私もポートフォリオの軸として
いろんな口座で使わせて頂いてます。

先日までご案内していた『MOMENT』については、
全く逆の発想と思って頂いて良いと思います。

長期的なバックテストでは
ほとんど使い物にならない。

だけど、短期的な目線で
これからの相場に通用しそう。

この様な考えで作られている
と言えるでしょう。

長期的に使うEAを探している
という事なら
『Hippo』みたいなEAが良いでしょうけど

とりあえず目先で勝ってほしい
という事になると

長期的なバックテストで安定したEAを使っても
あまり期待には添わないんじゃ無いですかね?

なにせ、
長期的に見て
確実に負ける期間が有る訳なので。

投資と投機

ってのを
見聞きした事があると思いますが

投資は長期目線
投機は短期目線

なんですよね。

長期的に結果が出ている「投機」
なんて聞いたこと無いですよね?

どちらかというと
先日の『MOMENT』は投機の方向と
言えるでしょうね。

逆に、投資として
気長に付き合えるので有れば

『Hippo』みたいなEAが良い
と思うんですよね。

まぁ、
あくまで個人の感想、
という域は脱しませんが、

少なくとも

EAを擬人化して一喜一憂する
なんてのは良くないですよ、
という事だけでも

頭の片隅に入れて頂ければ嬉しいな、
と思います。

一番勿体ないのは、

勝ってる時に手に入れて
その後の不調期で停めてしまう・・・

って事なんですよね。

出来の良いスイングEAであっても
アピールの仕方次第で
そう言うことになりがちなのが

本当に残念でなりません。

良く出来たEAですよ。
 ↓

Ririy&Racco’s HippoがV2にバージョンアップしました。

※この記事はメルマガの再掲載です。

まだお読みで無い方はこちらからどうぞ♪

mailmag

mailmag

サブコンテンツ

このページの先頭へ