adsbygoogle

MT4のビルドが670になりました。板画面表示機能について

mt4_logo

最近のメタトレーダー4は進化のペースが速いですね。
いつの間にか600番台も
ビルド670にまで版を重ねていました。

ちなみに、8月1日以降は
500番台以前は全く使えなくなります
ので
気をつけて下さいね。

新しいバージョンは
それなりに機能が進化するものですが

今回の670では
また新しい切り口の機能が幾つも追加されています。

build670

今日はその中の一部についてのお話です。

板画面表示機能について

今回は新しい機能の中で
板画面表示機能についてご説明します。

従来から、
裁量トレード向けの機能として
ワンクリック機能は追加されていました。
 ↓
oneclick

ロット数を入れておけば
ワンクリックで売りも買いも入れられるので
すぐ注文をしたい時には大変便利な機能です。

今回、これに加えて
指し値での注文を簡単に出来るような機能が追加されました。
 ↓
popup

MT4の気配値表示画面で右クリックして
「板画面表示」をクリックすると出て来ます。
 ↓
sairyou00

画像の様に、現在のレートに対して、
最小表示桁数単位(0.01pips)で上下にズラッとレートが表示されます。

ちなみに、
このウインドウの上端または下端をドラッグして引っ張ると
その大きくなった分だけ表示されるレートは増えます。
残念ながら、画面サイズの制限を受けますので限界が有りますが・・・

この範囲であれば
最初から利確/損切りの値を入れた状態で
ワンクリックで指し値注文を入れることが出来ます。
 ↓
sairyou01

画像の赤枠内slvoltp欄に、
 ↓
sairyou02

損切り値ロット数利確値をあらかじめ入力します。
 ↓
sairyou03

この時点でSell Buyのボタンを押せば
ワンクリックで成り行き注文が可能ですが

任意のレートで上下の矢印をクリックすると
指し値逆指し値のポジションが入ります。
 ↓
sairyou05

下向きが売り指し値/逆指し値
上向きが買い指し値/逆指し値ですね。
 ↓
sairyou04

注文はサクッと完了します。
 ↓
sairyou06

右クリックして指し値注文し、
その後tpとslを入れる事から考えると
飛躍的に効率は上がると思いますね(^_^)

ただ、
レートが遠い所で指し値注文を入れたい時は
結局、手入力になります
けどね(^^ゞ

あと、余談ですが

一般的に言われる「板情報画面」に
画面は大変よく似ていますが

売りと買いの注文数がズラッと並んでいて
注文状況が把握できる、という訳ではありません。

今日も最後までお付き合い頂きまして
誠にありがとうございましたm(__)m

mailmag

サブコンテンツ

このページの先頭へ