adsbygoogle

TITAN FXの新展開『Zero Point』

titan_logoTitanFXは、
私もメインで使っている業者の1つですが

2016年に入ってから新しい仕組みに切り替えていて
より、利便性が高まっている様です。

今日もお越し頂きまして誠にありがとうございます。

TITAN FXの特徴

以前にも記事にしていますが、
TITAN FXの主な特徴は以下の通りです。

・ニュージーランドFSPとセントビンセント島の認可を受けたFX会社。

・証拠金は分別管理。
 (万が一TITAN FXが破綻しても資金が守られる仕組み。)
 
・インターバンク直結(ECN方式)を採用。
 (全ての注文が社内のディーラーを介さずに、
  インターバンク直結で完全カバーされる仕組み)

・リクォートなし。

・円口座、ドル口座対応。

・国内銀行への振込送金にも対応。(円口座のみ)

・最大500倍のレバレッジ。

・日本語対応のスタッフによるサポート。

・狭いスプレッドと多い通貨ペア。

で、このTitanFXがZero Pointという仕組みを新しく導入し
より使いやすくなったというお話です。

Zero Pointとは?

今回導入された「Zero Pointテクノロジー」は

・約定の早さ
・スプレッドの狭さ
・ゼロカットの導入

というのが大きな目玉です。

約定の早さ」については、
これまで平均600ミリセカンドだったのが
平均200ミリセカンドまで縮小され

スプレッドの狭さ」については、
今まででも割に狭かったのが
最小「0pips」から提供され、

ついに「ゼロカット」システムも導入されました。

実はそれまでは「追い証」が必要だったんですよね・・・

つまり、口座残高がマイナスになったら補填しなければいけない、
という仕組みだったのですが、
これが改善されて、マイナス残高は自動的に「ゼロ」に戻ります。

「投資資金以上の損失を被らない」
という安心設定になりました。

さらに便利な改善項目

上記に加えて、
口座開設時の証明書類が必要なくなったり

クレジットカードの入金が登録手続き無しで即時反映となったり、

至れり尽くせりになりました。
(どちらも出金の時に必要)

余談ですが、ペッパーストーンが突然撤退した事が記憶に新しいので

金融ライセンスがニュージーランドだけじゃなくてもう一カ国有るっていうのが

個人的には安心材料だったりします(^^ゞ

TITAN FXについてはこちら

TITAN FXのHPはこちら

今日も最後までおつきあい頂きまして
誠にありがとうございましたm(__)m

mailmag

サブコンテンツ

このページの先頭へ