adsbygoogle

Pepperstone、日本居住者向けのサービスを停止。

pepper_logo平成26年10月2日(木)
本日付での突然のニュースです。

今日もお越し頂きまして誠にありがとうございます。

Pepperstoneが日本から撤退。

既に口座保有者には連絡が届いていると思いますが

非常に使い勝手の良いブローカーだったので
大変残念ではあります。

しかし、
唐突とは言え決まってしまったことは仕方有りません。

以下、
いずれ公式サイトにも掲載されると思いますが、
口座保有者向けに届いたメールの文面を転載します。

Pepperstoneお客様各位

平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。

ここ数ヶ月、Pepperstoneではオーストラリア証券投資委員会(ASIC)と密接に協議を行い、特に日本在住のお客様へのサービス提供に係る弊社の規定について話し合いを進めてまいりました。

現在、Pepperstoneでは、日本の第一種金融商品取引業者としての許認可を取得していないため、同許認可を取得するまでの間、日本在住のお客様へサービス提供を行うことが適切ではないとの決定に至りました。

上記決定を受け、本日2014年10月2日(木)以降、日本在住のお客様からの新規口座開設をお受けすることが出来なくなりました。また、既存のお客様に関しましては、2014年12月31日(水)までお取引を続けて頂くことは可能ですが、12月31日の全ポジション決済・口座閉鎖に向けて保有ポジションの管理を行って頂きますようお願い致します。

なお、こちらの決定は、日本在住のお客様のみ対象となります。

今後について

Pepperstoneからの案内には、
以下のスケジュールが明示されておりました。

【平成26年10月2日(木)】
日本在住のお客様からの新規口座開設の受入を停止
既存のお客様に関しましては、サーバー時間の2014年12月31日01:00(日本時間 8:00AM)までお取引頂けます。

【平成26年12月31日(水)】
全ての保有ポジションは、サーバー時間の2014年12月31日01:00(日本時間 8:00AM)に、その時点でのマーケットプライスで強制決済となり、お客様の取引口座の取引機能は無効となります。口座残高は、そのまま口座に残りますので、お客様のご希望のタイミングでご出金頂けます。

当サイトでの対応

今回の決定を受けて、
私自身もPepperstoneでの運用を停めて行く事になります。

従いまして、

過去の記事において
「Pepperstoneを使用している」と書かれていたとしても
本日以降はその限りでは無い、と言う事をご了承下さい。

なお、現在検証中のEAについても
タイミングを見て、徐々に他のブローカーへ移行していきます。

また、
「これからどうしたら良いのか?」
という疑問や不安を感じる方も有ろうかと思いますが

「国内業者を使いましょう」
という事でしょうね。

レバレッジの低い運用がツライという向きには
法人化を視野に入れるしか無いという事だと思います。

今日も最後までお付き合い頂きまして
誠にありがとうございましたm(__)m

mailmag

サブコンテンツ

このページの先頭へ